土地付きの中古住宅はどう選ぶ?

欠陥住宅

欠陥住宅を選んでしまわないように注意してください。

雨漏れや水漏れの跡があったり天井の高さが2.2m以下だったり、床に傾きがあるような住宅は欠陥住宅となり不人気です。 特に傾きがある住宅は欠陥住宅の見本のようなもので、テレビ番組で床にビー玉を置いて転がす実験の様子をみたこともあるのではないでしょうか。

傷みがなくても4畳以下の小さな部屋がある場合は死に部屋となる可能性も有ります。窓の無い部屋も同様で、物置にしかならないと考えておきましょう。 押入れなど収納場所が少ない住宅は収納家具が必要となり、その分のスペースと出費を考えに入れなければなりません。

ベランダが狭いと洗濯物を干す時に大変で、家事をする人のストレスが溜まりやすくなります。同じくキッチンが狭いと動きにくく調理が大変になります。 充実した食生活のためにも、そのキッチンで楽しく食事できるかを考えましょう。これは食事を作らない人より、実際に料理を作る人が狭いと感じるかどうか、 もし狭いと感じるようならその家は避けたほうがよいでしょう。

もしも外壁にヒビが入っていたらその住宅は避けたほうが無難です。ヒビが入っているとそこから雨水が入り、みえない部分から家の老朽化を進行させます。 なによりヒビが入るということ自体が老朽化しているともいえますし、そこまで古くないのにヒビがあるようなら建築方法に問題があるとも解釈できます。 またマンションの場合は、エレベーターが無いところで3階以上の部屋に住むと年をとった老後に苦労しますので、長く住む予定なら選ぶべきではありません。